ネガティブスのブログ

強く生きていきます。

彼氏に下の毛を燃やされた平成最後の秋

すごいタイトルですね。

「いやいやあ、流石に彼氏に下の毛を燃やされることなんてないよー」って思った人も多いのではないでしょうか。

 


燃やされるのよ。普通に。語弊は少しありますが、結果としては燃やされましたからね。

 

 
私はアンドー君って言う夢追い人(投資で食っていくと仕事を辞めたロックな男)とお付き合いをしているんですけどね。

もう同棲して半年くらい経ったのかな?

 


付き合い始めとかは「彼にスッピンなんて見せられない(><)」くらい乙女乙女してたんですけど、一緒に暮らしてるとそうはいかないと言いますか。

今では己の全てをさらけ出すくらいの仲になりまして。

 


そんなある日、彼とベッドの上で粗相をした後に生まれたままの姿で話し合っていました。

付き合いたてはね~「暗闇じゃないとやだ!(><)」くらい乙女だったんですけどね。私も。

この顔で。この顔だからこそ暗闇をおすすめしたんですけどね。

 

時間と共に羞恥心も消えていき、今ではなんでも言い合える仲になりました。

そんなこんなでアンド―君が私に言ったわけです。

「かもめちゃんは下の毛を手入れしないんですか?」と。

全裸で寝っ転がっている私に向かって彼は言ったわけです。

f:id:sng405:20181108234823p:plain

これはイメージ図です。

 

私「え?」

アンドー「うーん。平均より毛が多いなと思ってさ」

私「平均?いつからマ○毛ソムリエになったんや」

アンドー「全てのマ○毛を見分けられる程の能力は俺にはないけど、なんせ毛が多いなと思いまして」

 

と、ソムリエは執拗に私に毛の量を減らせと言ってきました。

 

こっちも濃いのは百も承知なわけですよ。

私も人並みに友達と温泉に行ったり、スーパー銭湯に行ってるわけですからね。

やっぱり人より毛の量が多くて、そして人よりケツが汚いことは自覚してた。

しかし、どうすることもできない。そういう体質なんだから。

ケツ綺麗になる方法ないですかね?

泥ついてるの?ってくらい汚いのが悩みです。

 

 

そこでなんやかんやと話した結果、アンドー君が「ヒートカッターとかいいんじゃね?」と。

 

ヒートカッターって知ってます?

下の毛を焼く機械なんですけども、もちろん買いましたさ。

こっちだって濃いのは百も承知なんだから、アンドー君と出会うずっと前に買っていますさ。

買いましたけど一度に数本しか焼けないから時間が果てしなくかかる。

だから使ったけど意味がなかったと伝えるとアンドー君はうーんうーんと腕を組んで考えます。

 

そこまで嫌か?うーんうーんと腕を組んで考えないとあかんくらいに濃いのか?

 

すると、アンドー君はパッと閃いて

「ライターで燃やすっていうのは?」と提案してくれました。

 

それを聞いて私は

「有りやな」と返しました。

 

 

つづく

 

 

健康診断、それは戦い

はい。どうもこんばんは。

皆さんお元気?

私は元気じゃないです。

長期休暇が欲しいですね。

 

 

さて、前回の記事の続きになりますが、健康診断に行ってきました。

 

意気揚々と検便を持って病院に行きましたさ。

それで無事に提出がすみ、まずは採血をすることに。

 

 

f:id:sng405:20181030184520p:plain

 

すっげぇ痛いの。

「では採血しますねー」って言ってから私の腕をぷにぷにして血管を探していたんですが、どうやら血管が中々見つからなかったようでね。

「あれ?あれ?」って何回も腕をぷにぷにされて「血管・・・あれ?」と見つからないみたいでした。

 

何回かぷにぷにされた末に(まぁここやろ)みたいな顔をしながらブッ刺されまして。

こんなに採血って痛かったっけ?もしかして針の太さがストローくらい大きいのでやってますか?って質問したくなるくらい痛かった。

本当に痛くてちょっと涙が出ました。

まぁしかし、採血とは痛いものなのでしょう。

 

そして身長体重を測って、心電図やらなんやらをやって、最後にすることになったのは

子宮がん検査。

 

いやあ、本当自分の浅はかさを恨んだね。

 

予習復習が大事だと学生時代に先生が言っていたのはこのことだったのか。

健康診断の予習をしておくべきやった。

 

子宮がん検査って、脱ぐのね。下全部。

 

部屋に入ると、椅子と、カーテンがありました。カーテンから看護師さんがシャアって軽く顔だけだして、「じゃあ下全部脱いでこの椅子座ってくださいねー」と告げてカーテンの向こう側に消えていきました。

 

この椅子・・・このカーテン・・・覚えているぞ!!!

 

以前、このブログでも記事にしたことがあると思うんですが、私カンジダになったことがありまして。

 

あまりに痒くて痒くてこのままでは生きていけないと思って股を抑えて産婦人科に飛び込んだことがあるんやけども、その時と同じ状態。

 

あ、これはおおっ広げカーニバルの始まりやぞと。

 

常識的に考えて子宮がんの検査なんだからそら見られるだろうと。

ちょっと考えたら分かるのに、私ったらおバカさん。

すごくあそこが汚いわ。

あそこの毛は人より多目。

 

カンジダの時にこんなに見られるならあそこの毛をブラッシングなりなんなりして少し清潔にしておけばよかったと思っていたのに!

 

また!私は!汚いあそこを!ノーブラッシングのあそこを!

 

まあ仕方ねえと思い、諦めて下を脱ぎ、椅子に座りました。

 

腕を組み「おねがいします」と言いました。

きっと先生も色々なあそこを見て慣れているだろうと。

ちょっとばかし毛が多くても、気にしないはずや。

 

「では、細胞を取っていきますね」と先生の声が聞こえました。

 

この先生、男だあー!!!!!

 

いやあー!恥ずかしい!!

 

「中を見ますので冷たいかもしれませんが、我慢してくださいね」

と、恥ずかしがってる暇もなく何かの器具が入り

 

ぐえっ ぐえっ ぐえっ ぐぇっ

 

 

終わりました。

 

大人の階段を登った気がしましたね。

 

後日健康診断の結果が郵送で来たんですが、

至って健康でした。

備考欄に肌が汚いから皮膚科行けって書かれてたこと以外はすごく健康でした。

 

これからも強く生きていきます。

 

おわり

 

24歳 女 検便デビューで大人の階段を・・・

今回は汚い話ですので、見たい人だけお願いします。

 

私は24歳。

もう、立派なレディーです。

さて、この前健康診断に行ってきました。

そう。何故なら私は立派なレデーだから。

自分で病院探して行ってきました。

 

それも、先月くらいから原因不明の頭痛、胸の痛みに悩まされていて、

「これは死期が近づいてる・・・」と思うようになりまして。

私が4月に会社で健康診断を受けた時に、異常は何もなかったんですけども、多分健康診断を受けた次の日に病気になったのでしょう。

しかもさ、皆も体調不良の時にネットで検索したことがあると思うんだけどもね、あれすごく不安にならない?

 

私は症状について調べたら「乳がんの可能性あり」「大腸ガンの可能性あり」「脳腫瘍ができている可能性あり」「脳内出血している可能性あり」って出てきましたからね。

 

絶対死ぬやん。

一人でどれだけの病気抱えてるんや。

麻雀やったら一人勝ちしてたね。

 

震えに震えながらも近所で1番でかい病院に行って、1週間後に健康診断の予約をすることができまして。

 

これでやっと病名が分かる・・・と安心したのもつかの間、看護師さんは私にある物を渡してきました。

「では、検査日当日は、こちらもよろしくお願いしますね〜中に説明書が入ってますので」と。

 

紙には「検便」の文字があった。

 

無理ーーーー!!!!!

助けてーーーーー!!!!

 åçã»å¾æã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ï¼

 

私はうんこが嫌いだ。

よくうんこうんこ言って生活してるけど、実物は嫌いだ。

学生時代飲食で働こうとしなかったのも、検便をできる自信がなかったから避けていました。

 

メソメソしながら家に帰ってアンドー君に伝えたら「え、俺さあ、悪いけど検便のスペシャリストやで?」と嬉しそうに彼は言いました。

 

検便にスペシャリストっているんかあー

しかもこんな身近にいたかあ。

 

アンドー君はずっと飲食店でバイトをしていたそうなので、検便は慣れに慣れているらしい。

 

慣れすぎてうんこを出すまでもなく検便が取れると言ってた。

お尻から少しだけ「こんにちは!」させてそこに棒を突っ込んでいたそうです。

天才かな。

 

私は「こんにちは!」させる勇気はないし、何より自分のうんこを見れる自信がない。

 

普段も私は一切見ずにトイレを流している。

それをアンドー君に伝えると

「ダメだろ!ちゃんと自分のうんこを見て、色と形と大きさ、そして臭いでその日の健康状態を確認しないとダメだろ!あとついでに固さもな!」

と結構マジのトーンで怒られました。

彼氏がうんこ博士に変わった瞬間である。

 

しかし、無理なものは無理だ。

私は本当にうんこを見るのも、はたまた水中に落とさずに前の方にちょろりと出すのもできないと、棒でつつくなんてもってのほかだと、てか絶対水中落ちますやん!無理ですって!!っと、こちらも結構マジのトーンで反論すると、

「じゃあ新聞紙引いてここでするか?」とうんこ博士。

 

それはさすがにぃ〜

親しき仲にも礼儀ありと言いますか・・・

もう諦めましょう。

覚悟を決めましょう。

 

 

で、数日後・・・

私はとても目が悪いのでコンタクト外してボヤァ〜とした状態でうんこ的な何か(目が悪くて本当に見えない)を棒でチクチクして、事なきを得ました。

 

2日分取らないとダメなのでまたボヤァとした何かを産み落とし棒でチクチク。

 

全然水中には落ちませんでした。

 

うまく説明はできませんが、

大人の階段を登った気がしました。

これが、大人か〜。

 

おわり

 

愛してると言ってくれ

前回の続きです。

 

アンドー君に別れて欲しいと言われて、私は軽くパニックになりながらも、「え?なんで?なんで?」とアンドー君に聞いても彼はしょんぼりするだけ。

こっちのほうがしょんぼりするわ。

 

アンドー「もうカモメちゃん俺のこと好きじゃないんやろ?(しょんぼり)」

 

私「は?!え?!いやいや好きよ!好きやって!(しょんぼり)」

 

アンドー「ううん。絶対好きじゃない(しょんぼり)」

 

私「好きやって!(しょんぼり) え?もしかしてアンドー君もう私のこと好きじゃなくなった?(しょんぼり)」

 

アンドー「・・・・・・うん(しょんぼり)」

 

私「は?(すよんぼり)」

 

しょんぼり合戦からの衝撃の事実。

 

体に重しつけられたかと思うくらいズドーンッてきたよね。

 

仕事前にこの人は何てことを言ってくれるんやと

この数時間後に私は仕事に行かないといけないのにや。

 

こんなことを言われた状態で職場に行って、そしてまた先輩にマウントを取られる。

 

ちなみに最近取られたマウントは、

私「駅まで自転車で行ってるんですけど、すごくボロボロで早く新しいの買わないとなんですよ〜」

先輩「あたしの自転車のほうがボロボロすぎていつ部品が飛んで爆発してもおかしくないんだよねー(><)」

f:id:sng405:20180902231351p:plain

 

うん。買い直したら?

 

で、話は戻りまして、そんな精神状態の先輩にマウントを取られたら手が出てしまうかもしれない。

物理的にマウントを取ってしまうかもしれない。

 

これから私は大好きなアンドー君を失って日々先輩にマウントを取られる為だけに生きていかないといけないのか。

 

今まで辛いことがあってもアンドー君を思い出し、本当に辛い時はアンドー君と枕を交わした時のことを思い出して耐えてきていたのに。

アンドー君のことをこれだけ好きなのに彼はもう私を好きじゃないのか。

好きな人が自分を好きじゃなくなるってこんなに辛いのね。

先輩のマウントの5億倍辛い。

先輩のマウントがご褒美に思えてくるレベル。

 

私「びえーーーーーん!!!!!!」

久しぶりに24歳の本気泣きを見せてしまいましたわ。

 

そのままベッドに倒れ込みジタバタしながら「嫌じゃあ〜!また好きになってくれ〜!私は死ぬほどアンドー君が好きやのに嫌じゃあ!嫌じゃ〜!別れたくない〜!嫌じゃ〜!」と叫び続けました。(24歳 女性)

é§ãããã­ãå­ã«å°ãç¶è¦ªã®ã¤ã©ã¹ã

 

そんな私の姿を見てアンドー君はぐすんぐすんと泣き始めました。

「そんなに・・・うぇっ・・・俺のことを・・・うぐぉっ・・・好きでいてくれたなんて・・・うおっ」(22歳 男性)

 

æ³£ãã¦ããç·ã®å­ã®ã¤ã©ã¹ã

 ↑大泣きするアンドー君の図

 

そしてアンドー君は泣きながら「最近ずっとかもめちゃんが冷たくて、もう俺のこと好きじゃないんやと思ってた。やから俺頑張って諦めようって・・・うぐっ・・・うぐっ・・・ぴえーん!」と話してくれました。

 

アンドー君の背中をさすりながら「すまんかった。本当にすまんかった」と平謝りを続けて謝罪。

 

疲れてたことを全部話してなんとか和解することができて、これからも2人で頑張っていこうと言うことになりました。

 

そんで、アンドー君が少し落ち着いたので、「じゃあお弁当作るわなー」と言い、お弁当の準備始めた時に、そうや昨日アンドー君がおかず作ってくれてたなと思って

「そういえば、なんで別れようと思ってたのにわざわざおかず作ってくれたん?」って聞いたら

 

「振り向いて欲しくて・・・うううう」とまた泣き始めたアンドー君。

 

これ本当にあったからね!

普段は身バレを恐れて盛りに盛ってるけど、今回のこの部分はマジ。

マジでお弁当のこと聞いたら上の通りの言葉を発してまた泣きだしましたからね、彼。

可愛いですね。

 

そんなこんなでまた背中をさすりながら「すまんかった。すまんかった。」と平謝り。

 

 

と、言うわけで無事また私達の絆は強まったのでした。

 

おわり。

 

仕事で失いかけた愛

毎日毎日仕事で先輩にマウントを取られてる私は(詳しくはひとつ前の記事を見てね☆)日々ボロボロになっていきました。

 

仕事から帰ってもずっと疲れていて、アンド―君とロクにコミュニケーションを取らない日が続いていましてね。

アンド―君は毎日家にいるので私が帰ると尻尾を振って「かもめちゃん!!かもめちゃん!寂しかったよぉ」とスリスリしてきていました。可愛いね。食べちゃいたいくらい。

 

しかしとにもかくにも疲れきってた私は「はいはいサンキューサンキュー」とアンド―君をあしらってしまっていて・・・・

 

彼の気持ちを全く考えていませんでした。

 

ä½è²åº§ãããã人ã®å¾ã姿ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

 ↑悲しみに暮れるアンド―君の図

 

そんなある日、仕事から帰るとアンドー君はいつも通りに玄関先までワンワンワンワンと尻尾を振りながらお迎えにきてくれました。

 

「かもめちゃん!かもめちゃん!早く早く!」と腕を引っ張られながらリビングに入ると、テーブルにはたくさんのオカズが置いてありました。

「お弁当のオカズ作ったで!たくさんあるから一週間はお弁当持っていけるで!」

 

æçãããã·ã§ãã»ã³ãã¯ããã®ã¤ã©ã¹ã

 ↑赤いマフラーと大きなコック帽を被ったアンドーシェフの図

 

優しい。優しすぎるよアンドー君。

 

そこで私は「まじで!めちゃんこ嬉しい!ありがとうね!アンドー君!」とお礼を言ってその場で小躍りをしました。

 

私の為に時間を割いて作ってくれたことは素直に嬉しい。

やからその喜びを体で表現して、それはそれは小躍りしたよね。

仕事で疲れてたけど小躍りしたよね。

 

「なんやねんその踊り〜!!」ってアンドー君が笑いながらツッコミを入れた時、彼の目がどこか悲しげに見えたんやけど、私は気にせずに小躍りを続けていました。

 

そしてなんやかんやで感謝の気持ちは十分表現したなと思って小躍りやめまして。

そしていつも通り私は着替えてご飯食べて風呂に入ってとしてたら、曇っていく曇っていくアンドー君の顔が。

 

明らかに元気がなくなっていく。

 

「どうしたん?」と聞いても「ううん」としか答えないアンドー君。

 

「何か怒らせた?感謝の気持ちが足りなかった?」と聞いても「ううん」と首を横に振るだけ。

いくら聞いても理由を教えてくれないアンドー君に私は(まあ、そういう日もあるよね。人間だもの)と名推理をして、放っておくことにしました。

 

いやー本当馬鹿。私ったらお馬鹿さん。

アンドー君も寝たらまたいつも通りになるやろうと思って彼を放置して先に寝てしまいまして。

仕事の疲れもあったしまじで速攻寝てしまった。

 

そんで朝起きたらアンドー君も起きてて、私を見て「別れてほしい」と言いました。

 

えーーーーーーー?!?!?!

 

長くなったので続きます。

 

苦手な先輩との関わり方

どうもどうも。

社会人の皆、頑張ってるかい?

 

やっぱりね、社会を生きていく中で避けては通れないのが人間関係!

 

そう!こればっかりは仕方がないね!

 

最近ね、同じ部署でよく話しかけてきてくれる先輩ができまして。

 

有り難い。有り難い。

非常に有り難い。

すごく良い人なんです。とても。

優しくてミスしても心のこもった指導。

怒ったりは絶対しない天使のような先輩。

 

ただ、私はこの先輩に日々メンタルを削られてる。

 

自分語りとマウンティングがすごい先輩で・・・・・・。

 

マウンティング女子って皆さんご存知?

簡単に言うと、自分の方が上だとアピールをしてくる人のことを言うんですけどもね。

 

例にあげて見てみましょう。

 

例1

A子「この前◎◎さんに可愛いって言われちゃった(><)うれぴ☆」

B子「あたしは◎◎さんに美しすぎるあまり抱かれたし、毎月5億円美しすぎるからって貰ってる。家も買ってもらった。フェラーリも買ってもらった。何故なら美しいから」

ä¸ããç®ç·ã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ï¼

 

例2

 

A子「この前奮発してシャネルのキーケース買っちゃった(><)うれぴ✩」

B子「私はシャネルのバッグも時計もピアス持っている。何故なら美しいから。美しすぎるが故に男どもが貢ぐから。そう、私が美しいから」

 

f:id:sng405:20180902230410p:plain

 

例3

A子「デズニーに行ってきたんだけど、すごく楽しくて!耳が二つあるあの黒いあいつとか、黄色のはちみつ大好きなあいつ(訴えられるのが怖いので隠します)と写真撮れてすごい嬉しかった~(><)やぴやぴぴ」

B子「私は黒いあいつと黄色いあいつが向こうからやってきて是非とも写真を撮ってくださいと頼まれた。なぜなら私が美しいから。私の場合はきぐるみと写真を撮ってもらうじゃないの。きぐるみ達と写真を撮ってあげるの。何故なら美しいから」

 

f:id:sng405:20180902230816p:plain

 

ちょっと上手い例が思いつかなかったんですけど、まぁ分かりやすく言うとこんな感じですわ。

 

先輩はここまでの極悪人ではないけど、とにもかくにもマウンティングを取ってくる。

毎日マウンティングを取られすぎてもう私の体はべこべこになってしまった。

 

おはようからおやすみまでずっとマウンティング。

仕事のノウハウを教わるよりもマウンティングされてる時間の方が長い。

 

まぁ、仕方ないとしましょう。先輩ですから。

それが社会だとするなら受け入れましょう。

私は最底辺です。だからその日食べた朝ごはんにまでマウンティングを取られるのも目をつぶりましょう。朝から米を食べてる私が悪いとしましょう。

 

 

そして、もう一つ辛いのが先輩の自分語りでね。

私もこの世に生を受けて24年。

色々な人達と出会ってきました。

中には自分語りをする人もいました。

聞いてもないのに高校時代の友達、けいこのことを話し続ける人もいました。

けいこに会ったこともないのに。

けいこの家庭環境まで聞かされたこともありました。顔も知らないのに。

お父さんが男前らしい。

 

そんで、先輩もまさにそんな感じで、日々友達のことや彼氏のことを話してくれます。

 

もうね、何を言ってるのか本当に分からない。

「この前あきこちゃんとご飯行ったんだけどー。あきこちゃん◎◎で△△だからさー?あ、けどあたしが△△って言ったら超ウケて!あはははは!!!この前もさー!」みたいな話をマジで2時間くらい聞かされてる。

 

良い人なの。すごく。

だからこっちも何も言えない。

先輩だし。お世話になってるし。すごく良い人だし。

これで人間的にも極悪人で私の顔に唾を5秒に1回吐きかけてきてたら対処もできた。

「正当防衛!」って叫んで顔を叩くこともできた。

しかし、人間的にはめちゃくちゃ良い人。

本当に優しくて可愛い。

 

 

せめて、けどせめてマウンティングか自分語りのどちらかをやめてほしい。

 

日々この先輩へのストレスが溜まりまくって、家に帰ってはアンドー君に泣きついた。

私「アオーーーン!もう自分語りは聞きたくないんだよおー!!!!!」

アンドー君「どうどう。辛いな。たしかに辛いね。おーよしよし」

私「アオーン!アオーン!!!アオーーーン!!!」

 

そんなこんなで社会人頑張ってます。

ストレス発散の為に書いてみました。

 

だからオチもないです。すんません。

さ、明日も元気にマウント取られてくるゾ!☆

 

ダレカタスケテ。

立った・・・立った・・・アンドーが立った!

またまたまたまた更新が遅れてすみません。

 

生きてます。なんとか・・・・。

 

さて!前回の続きですね。

 

簡単なあらすじを言うと、背中の一部からち◎毛を生やしてプールに行く話です。泣いてもいいかな?

 

そんなこんなで、もう剃り忘れたものはどうしようもないから普通に楽しむことにしたわけよ。

仕方ないからね。

見せていくスタイルに変えました。

堂々と歩いてたらきっと周りの人も「あえて毛を剃り残してるんやろうな」とか

「これがアートか」って思ってもらえると思うしさ。

 

それで、まあプールに入って流れるプールに2人でどんぶらこどんぶらこと流れたり、

温泉プールに浸かって温まったりとデートを満喫してましてね。

 

温泉プールはジャグジー?て言うの?強烈な泡が出てくるみたいなのがあって、そこに2人で入ってジェットを楽しんでたんですわ。

 

結構強めのジェットでこれは腰痛に効く〜とか言ってたらアンドー君が「あばばあばば」って言い出して。

 

どうしたどうしたってジャグジーのあたってるとこ触ったら、なんか立ってたよね。

アンドー君は座ってたけど、アンドー君立ってたよね。

何が?って?アンドー君のアンドがいきり立ってましてね。

 

「は?なんでち◎こ立ってるん?」って聞いたら「ジェットの勢いが・・・」とのこと。

 

ジェット噴射が当たらない場所に移動して、アンドー君のアンドーが落ち着くのを待って、「もう大丈夫。治りました」とアンドー君が言ったので温泉プールから出て、次はウォータースライダーに行くことにしました。

 

ウォータースライダーは結構激しめのやつで、落ちて行く人達が皆「ギエピー!!!!」とコロコロに載ってたポケモン漫画のピッピみたいな叫び声上げてみんな落ちて行って、私達はまるで生まれたての子ヤギのように身を寄せ合ってプルプルとしていました。

 

断末魔の叫び聞いてたらそら震えるよね。

 

それと同時に私達の後ろの後ろに並んでたカップルのイチャイチャが凄まじ過ぎて、二重の意味で震えてた。

あんたらここでSEXでも始めるつもりか?ってくらいイチャイチャしてて、目のやりばに困りましたねえ。

見ないように「最近の政治はさ・・・」とか知的な話をしてなんとかその場を乗り切って、ついに次は私達の番となり、満を持して流されました。

 

私「さすがに私らは叫ばんとこな」

アンドー「せやな。俺らはクールに冷静にながれよう」

プールの人「ほな流しますねー」

 

私「ギエピー!!!!!!!!」

アンドー君「ギエピー!!!!!!!」

 

で、流された後、降りてアンドー君見たらまた立ってた。

私「また立ってるやん」

アンドー君「なんか刺激強すぎて立った」

 

 

ギエピー!!!

 

無茶苦茶な終わり方ですみません。