ネガティブスのブログ

強く生きていきます。

付き合ってるけど突き合わない

前回の続きです。

 

アンドー君のアンドー(別名ち◯こ)が大きすぎて怖気付いてしまった私は

「付き合ってるけど、今日突き合うのはよそう」と伝えてアンドー君から「正気か?」と言われました。

 

たしかに、途中で止められたら男はキツイって聞いたことがある。

女の7倍性欲があるとも。

 しかしそうであっても今日はできない。

怖気付いた私の強い意志をアンドー君は尊重してくれて

「じゃあやめておこう。実は俺童貞やから正直うまくいく自信はなかった」

と驚きの発言と共にとりあえず中止になった。

 

その日はウイイレをして解散。

レッドカードを貰い過ぎて最終的にメンバーが減りすぎた為私が負けました。

 アンドー君が「サッカーってこういうゲームやっけ?」と聞いてきたけどまあこういうゲームなんでしょう。

アンドー君側のメンバーを2人病院送りにすることに成功しました。すごい!

 

f:id:sng405:20171121173727p:plain

 

ほんですたこらさっさとアンドー君は帰って行き、私は中学時代の友人にLINEをして、夜に会ってくれないかと頼みました。

 

私「なあ、今日の夜30分でもいいから会えへん?」

友達「どうしたん?」

私「相談に乗って欲しいことがあるんや」

友達「なんの?」

私「男のち◯このデカさ問題について」

友達「ええよ!ほな今日の20時に△△公園集合で!」

 

と、友達から快い返事がもらえたらので夜に公園に向かい友達に相談する。

友達は高校生の頃から付き合っていて、5年目になる彼氏がいましてね。

その彼氏の話をよく聞かせてもらうんやけど

まあとにかくち◯こがデカイと。

バケモンレベルにデカイという話をよく聞かせてもらっててね。

 

何をしてるかはしらないけども、彼氏のがデカすぎるが故に顎が外れかけたこともあると。

何をしてるかは知らないよ?

 

そんで無事友達と合流して

訳を話しましてね。

 

友達「カモメ彼氏できたんやな」

私「そうなんです。それでモノがデカすぎて行為に及ばなくてですね」

友達「なるほどな。私からアドバイスできることは一つしかないですわ」

私「と、言いますと?」

友達「最初は本当に地獄やぞ。こんなことする為に生きてるんじゃないって本気で思った」

私「今はもう余裕なん?」

友達「変わらず痛いよ!!!!会うたび地獄や!」

 

久しぶりに本気の絶望を味わった。

やっぱり我慢する他ないんやろうなと諦めて、その後は友達とどうやったら空を飛べるのかについて熱い議論を交わして解散。

 

とりあえず家に帰ってからアンドー君にラインを送りました。

 

「ち◯こを半分の大きさにしてくれへんか?」と。

 

そしたら「正気か?」って返事が帰ってきたので、小さくはできないみたいなので覚悟を決めることにしました。

 

 

とんでもない下ネタブログですいませんでした。

 

おわり。

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村