ネガティブスのブログ

強く生きていきます。

アンドー君と同棲について話し合う

ついに!なんと!アンドー君からは、お金が貯まり次第、私の地元周辺で暮らそうと言われました!

 

一緒に暮らそう=結婚で間違いないよね?

これは完全なるプロポーズですわ。

彼氏の母親に殺害予告をされたけど、その結果プロポーズされたなら結果オーライ。

 

いきなりのプロポーズに私は頬を赤らめながら「うん.....(〃ω〃) とりあえずゼクシィ買いに行こっか?」と言うと

「結婚はまだ早い」と断られた。

プロポーズされてOKしたら断られたわ。

 

で、ちゃんと話を聞くとプロポーズではないみたいです。

とりあえず同棲をしましょうと言われやした。

 

‘同棲’

素敵ですね。うん。素敵。

けど、私は同棲をできればしたくない。

 

私は大学生の時アルバイトをしていたのですが、そこにいた先輩社員さんが彼氏と同棲してて

私は仕事を教えてもらうよりも、同棲はやめたほうがいいことについて教えてもらっていた。

 

仕事でミスしても「これから気をつけてなー。てか、まじで同棲はやめたほうがいい」

ってくらい同棲について色々と聞いた。

 

同棲すると結婚できにくくなって、私はズルズルいってもうて10年だと。助けてくれと。口酸っぱく言われた。

私は4年間その先輩と共に働いたけど、一度も助けることができないままバイトを辞めた。

その後先輩がどうなったのかを私は知らない。

 

だから私はアンドー君に「一緒に暮らせるのは嬉しいけど、ずるずる同棲期間が続いて、結婚することもなく捨てられるのは嫌です。

なので期間を決めての同棲がいい」と。

そしたらアンドー君が「かもめちゃんが25歳になったら結婚したいと思ってる。やからまずは同棲しよ!俺は早く一緒に暮らしたい!」と言ってくれた。

 

・・・・・(T . T)

あっぶねー!危うく泣くところやった。

目頭が熱くなったわ。

 

それならば、善は急げといいますからね。

社会人2年目の私は、血と汗と涙を流しながら貯めた貯金があるから割とすぐに住めるんじゃないかな?と思ったんやけど、どうしても気になる点がある。

なので、気になる点について聞いてみた。

 

私「なんで私の地元の近くに家借りるん?アンドー君、会社遠くならへん?」

アンドー君と私の住んでるところはそこそこ遠くて、私の地元に合わせてもらうとアンドー君は職場に行くのに2時間近くかかってしまうんですよね。

 

そしたらアンドー君が「それは大丈夫!俺来月で仕事辞めるから!地元に未練はない!」と嬉しそうに言ってくれました。

 

ん?ん?ん?

 

長くなったのでつづきます。