ネガティブスのブログ

強く生きていきます。

朽ち果てた男 アンドー

前回の続きです。

 

私はアンドー君を元気づけようと、しゃかりき料理を作り始めたわけですよ。

 

気持ち的には、可愛いエプロンをつけて、

髪の毛は料理の邪魔だから可愛くお団子にして。

 

これは気持ちの話なので実際はジャージ姿でボサボサの髪の毛で作りましたが、大事なのは気持ちなので、問題無いよね。

最近抜け毛の季節だからかキッチンの下は髪の毛だらけになってました。

 

大事なのは気持ちです。気持ち。

 

そんなボサボサ不潔マンの私はオムライスを作ったわけですよ。

簡単だしすぐ作れるし見た目可愛いしきっと喜ぶに違いない!

 

ケチャップで(アンドー君(はぁと))って可愛く落書きもして!

このブサイクな私が!肩幅の広い私が!

柄にもなく可愛く書いたんだ!!!!

 

しかし、アンドー君はすごく暗い顔で食べていた。

聞いた言葉は「ありがとう・・・いただきます」だけ。目が死んでるんですわ。

 

ゾンビかと思った。アンドー君ゾンビになったのかと思った。

こっそり調べたよね。「ゾンビ 倒し方」って。

 

目が生きた人間の目じゃなかったから。

目に光が宿ってなかった。

FXは人の心までもを壊す・・・これがFXの怖さなんだな。

 

とりあえず、ゾンビの倒し方は色々書いてあったんだけども、包丁で切り裂くのがいいみたいです。

止血できないみたいよ。ゾンビって。

 

ゾンビのアンドー君を倒そうと思ったんだけど、もし万が一ゾンビになっえいなくて、FXで負けて人間の心を失っている場合は人間は人間なので、とりあえず様子見をすることにしました。早まって倒したら事件にもなりかねませんからね。

 

私「本当に美味しい?」

ゾンビ(アンドー)「うん・・・」

私「ほんまに?」

アンビー「うん・・・」 

 

シーン。

 

会話が驚くほど続かない。

初対面かな?って思ったよね。

ゾンビになったからリセットされて初対面なったんかと思った。

 

そこからも頑張って話題を振るんだけど

大金を失った人間がハイテンションになれるわけもなく、「うん」「そうだね」「ははっ」のオンパレードで私の心もどんどんと荒んでいきました。

 

私「お母さん何型?」

アンドー「B型」

私「えー!私のお母さんと一緒だー!」

アンドー「そっか」

 

もう限界。出す話題もつきた。なんや親の血液型の話って。

初対面でもしないよ。

 

途中からこっちが頑張って話題振ってるのになんだその態度はとイライラしてきて

 

「なんだねその態度は!!!!!」と切れてしまいました。

 

そしたらアンドー君も怒り「一日で大金を溶かしたら誰だってこうなるわい!!!!」と。

 

私は病的な盛り癖があるので大袈裟に書いてますが、実際はアンドー君は静かに怒ってました。

私はこの通り大声で怒ってました。

 

「それじゃあFXなんて辞めてしまえ!誰がアンドーに強制した?!あんたが勝手に仕事辞めて始めたことだろう!!!!!」とヒートアップして私がブチ切れると、アンドー君は泣き出しました。

 

「ウエーーーン!!!!!ウエーーーン!!!!!俺はお金持ちになってカモメちゃんを楽にさせてあげたかったんだー!ウエーーーン!ウエーーーン!!年収1億になって、カモメちゃんに毎月こずかいとして100万あげたかったんだー!アイヤーーーー!!!!!」と。

 

盛り癖があるので実際はこんなに泣いてないし年収1億とも言ってないけど、こんな感じのニュアンスのことをグスングスンと泣きながら話してくれたアンドー君。

 

そこから、勉強しても勉強しても思った通りの結果が出せず焦っていること。

私ももう24歳(今年25歳☆)なので

結婚のことを考えると、FXを辞めて再就職するべきなのかとか迷い続けていると。

 

それを聞いて私もウエーーンウエーーンと泣いて2人で抱き合い謝り仲直りをしました。

 

熱い友情ですね。

 

で、この出来事が起きてから1ヶ月以上経っているのですが、アンドー君はと言いますと

 

週5でバイトを始めました。

FXの軍資金を貯めて頑張るそうです。

 

その後FXがどうなったかはよくわかりませんが、バイトの人間関係がいいみたいです。

 

FXの話よりも、バイトのことを聞く回数が増えました。

「案外働くほうがFXするより楽かもな(笑)」って言ってました。

 

そんなこんなで、今年も私達をよろしくおねがいします☆